【硬式野球部】 勝ち点落とす

 5月8日に行われた関西学生野球六大学春季リーグ対同大3回戦(於:南港中央球場)。関学は5安打を放つも得点に結び付けることが出来ず、0対1で敗北を喫した。これで同大との勝敗が1勝2敗となり、勝ち点を落とした。
関学 000 000 000 = 0 H5 E0
同大 000 100 00X = 1 H3 E0
関学:宮西-久恵
同大:佐川-佐谷
 関学の先発、宮西尚生(商4)は、3回まで全て三者凡退に抑える好ピッチングを見せる。しかし4回裏、先頭打者に四球を許すと盗塁と犠打で一死三塁のピンチ。そして左前適時打を浴び、先制点を許してしまう。関学は5回表、東田浩平(経4)が右前打で出塁すると、次打者の久恵将之(商2)が犠打を決め、ようやく得点圏に走者をすすめる。だが、後続が断たれ得点をあげることが出来ない。8回裏には、四球と安打等などで一死満塁のまたしても危機を迎えるも、宮西がきっちり抑え、追加点を許さない。しかし、なかなか打線が繋がらない関学。5安打を放ちながらも、0-1で完封負けを喫した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です