【硬式野球部】 無念の黒星

 5月5日、スカイマークスタジアムに於いて関西学生野球六大学春季リーグ対同大戦が行われた。序盤に点を奪われ、打線も8回まで2安打と沈黙。9回に反撃をしかけたが、及ばず0-7で敗北した。
同大 004 000 003 =7 H11 E1
関学 000 000 000 =0 H4  
同大:藤井―佐谷
関学:道下、坂戸、尾堂、宮崎啓―久恵
 3回、一死満塁で適時打を許し、2点を先制される。次の打者は右飛に打ち取るも、なおも二死一、三塁のピンチ。そこで中堅手の頭上を越える適時二塁打を浴びてしまい、この回4失点となった。
 逆転を狙う関学打線であったが、初対戦となる同大・藤井を前に、なかなか走者を出せない。6回まではエラーでの1出塁のみ。7回には、途中出場した森本剛(法4)が中前打を放ち、意地を見せたが後続が絶たれた。
 9回表にはさらに3点を追加され、点差は7点に。なんとか反撃したいその裏、一死から宮崎翔(社3)が中前打。荻野貴司(法4)も左前打でつなぎ、森本がこの日2本目の安打を放つ。二死満塁という大きなチャンスに、三井将規(総4)が右翼への大飛球。本塁打かと思われた大きな当たりえあったが、相手の好守備に阻まれ試合終了となった。
試合後のコメント
清水監督「うちは打てないから投手が頑張らないといけない。これから何回も試合をやって良いチームにしていかないと。1つ1つの試合を勝っていくだけです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です