【硬式野球部】 エースで勝利!

 5月4日、スカイマークスタジアムに於いて行われた関西学生野球六大学春季リーグ対同大戦。 関学は相手にリードを許すことなく、6-2で勝利した。
関学 002 010 003=6 H11 E1
同大 000 000 200=2 H4
関学:宮西―久恵
同大:佐川、高見、宝田、山本昌―佐谷
 試合が動いたのは3回。先頭打者の宮西が自らのバッドで三塁打を放つ。続く宮崎翔(社3)の二塁打で宮西が本塁へ帰り、先制。その後、荻野貴司(法4)の右翼への犠飛でさらに1点を追加した。5回には宮崎が本塁打(今季1号・通算1号)を放ち、3点差に。
 投げては、宮西が毎回の奪三振で同大を圧倒していった。しかし、7回に先頭打者をエラーで出塁させると、後続に安打を2本許し、2失点。終盤に1点差となった。
 そんな中、9回二死三塁の場面で宮崎が適時二塁打を放ち、停滞ムードを吹き飛ばす(この日、宮崎は4安打。三塁打が出ればサイクルヒットだった)。その後も江崎亮(文2)の適時打で2点を追加し、同大を突き放した。最後は宮西がこの日15個目の三振を奪い、試合をしめた。しかし、今後も負けられない戦いが続く。
試合後のコメント
清水監督「(この日4安打3打点の宮崎に対して)今日は彼の開幕戦。彼には1番期待している。宮西は今日(三塁打や一塁からの生還など)よく走った。これからの試合、うちはくらいついていくだけです」
宮西「今日までフォームの修正をしっかりやってきた。今日は立ち上がりがよかった。打たれた時は、またかと思ったけど、すぐに修正できました。9回は変化球中心の厳しいコースで攻めました」
宮崎「今まで練習で良くて試合でだめだった。自分でも焦りはあったが、練習で解決するしかないと思った。ホームランはインコースのまっすぐです。打った瞬間にわかりました。これからも1試合1試合勝っていくだけです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です