【馬術部】 関西春学の陣、初日は良いスタート

 5月2~4日に三木ホースランドパークにて行われている全関西学生馬術大会。初日の今日、関学勢はそれぞれが団体につながる成績を挙げた。
 学生賞典馬場馬術競技では松田有加(社1)&月夢、古峨淳明(社2)&月皚が高い演技を見せ、明日のセント・ジョージ賞典馬場への出場を決める。実力者であるこの2人が馬場で魅了し、春学の先陣を切った。そして、団体戦となるLクラス障害A。関学は2チーム体制で望み、レギュラーメンバーを揃えたAチームが総合減点0のスコアを出す。関大の2チームに続く好成績で3位につけた。
3日間で各大学がしのぎを削り、関西の頂点を目指す春学。予想では苦戦を強いられる関学と思われていたが、それを覆すかのような好発進を見せた。大会2日目でトップの関大を引きずりおろしにかかる。「熱い春学をお見せします」。そう語る闘将・松尾孝司(経4)がけん引する関学が“春学奪還”へ向け飛翔する。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です