【ソフトテニス部】 女子、創部初優勝!

 4月29日、関西学生ソフトテニス春季リーグ戦2日目が行われた(於、男子・福知山三段池テニスコート、女子・福知山市営コート)。関学は女子が金蘭大に2―1、関大に3―0、神松蔭大に2―1で勝利して、リーグ優勝。春リーグでの優勝は創部初の快挙となった。一方の男子は立命大に4―1で勝利したものの、天理大に2―3で敗北を喫し、3位に終わった。
 一方の男子は1日目を2勝1敗で終えていた。優勝のためにはもう負けられない。
 大会2日目である今日の初戦の相手は立命大だ。昨年のインターハイ優勝ペアである、1番手のスーパールーキー緒方・和田が勝利し、好調な滑り出しを見せた関学。しかし続く仙福・川口(商3)は相手後衛の放つ鋭いボールにほんろうされてしまい、敗北を喫する。3番手は今大会が初のシングルスとなる北澤(文3)だ。経験の浅さが現れたのか、G(ゲーム)0-3とリードを許してしまい、後がない状況に
。敗北ムードが漂ったが、主将・萱澤(商4)の「こっからこっから!根気で負けんな!」という言葉で北澤は再び本来のプレーを取り戻す。4G目をデュースで競り勝ち、5、6Gも落ち着いたプレーで着実にポイントを重ねた。そしてG3-3と追いつき、勝負はファイナルゲームへ。相手は焦りからミスを連発し、北澤は勢いそのままに勝利をつかんだ。そして4番手の横山(文3)・加藤(文2)が圧勝した時点で関
学の勝利が決定した。最後の萱澤・松田(文4)組も勝利し、4勝1敗でこの試合を終えた。
 第2試合は天理大戦。1番手が敗れ、2番手もファイナルまでもつれこんだ末勝利を逃してしまう。そんな追い込まれた状況でも北澤はプレッシャーを感じさせないプレーでG4-1で勝ち、次につないだ。4番手の横山・加藤は一進一退の攻防を繰り広げる。しかしファイナルゲームまでもつれこんだ接戦を制することはできず、敗北。5番手の4年生ペアに回すことはできなかった。
 関学は通算3勝2敗で、3位に終わった。結果は出なかったが「今回うちは他校に比べてチームが若い中、他校の4年生と対等に試合ができたことは来年につながる自信になった」と萱澤は語る。4年生にとっては最後のリーグ戦となった今大会。しかし今年のチームの最大の目標は夏のインカレで結果を出すことだ。「インカレに向けての課題が見つかった点からも、今回は合格点」と、リーグ戦はあくまで通過点。引退のそのときまで、萱澤率いる関学ソフトテニス部は進化し続ける。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です