【バスケットボール部男子】 関西選手権初戦を快勝

 4月28日になみはやドームで行われた全関西学生男子バスケットボール選手権大会。関学は大工大と対戦し、104―69で勝利した。
 1Q、SG石橋(社2)が5つの3Pシュートを決めるなど大車輪の活躍。PF今田(法2)の力強いリバウンドで攻撃チャンスを増やした関学だが、甘いパスを3本もカットされるなどミスも目立つ。2Qに入り、流れを一気に引き寄せたのがC宇部(商1)。どっしりとしたプレーで続々と加点し、55-36で前半を折り返す。
 3Q、関学のリズムが崩れ大工大の追い上げを受けるが大きく開いた得点差を埋めるには至らない。4Qになると不調だったSF松本(経4)のロングシュートが入りだし、大工大を一気に突き放す。スコアが104-69となって試合は終了。強力な新入生と、大きく成長した2年生がチームを勢いづけ勝利したゲームとなった。
試合後のコメント
主将・劉(社4)「悪くない出来。初戦としてはまぁこんなもん。パスがちょっと甘かったかな」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です