【硬式野球部】 無念の敗北

 4月26日、関西学生野球六大学春季リーグ対立命大4回戦が行われた(於・皇子山球場)。 関学は相手を攻め立てるも、チャンスをものにできず無得点。0-3で敗れ、勝ち点を挙げることはできなかった。
立命 000 000 030 =3 H
関学 000 000 000 =0 H8 E
立命:黒田―乗替
関学:宮西、道下―久恵
 1勝1敗1分で迎えた、立命大との4戦目。またもエース対決となり、スコアボードには0が並んだ。宮西尚生(商4)は初回にピンチを迎えるも、自ら調子を戻す。テンポ良く貫禄の投球を続けていった。打線は毎回のように走者を出し、得点圏に走者を進める。しかし、あと1本が出ず、なかなか得点することができない。
 試合が動いたのは8回表。先頭打者を振り逃げで出塁させると、犠打エラーのあと3連打を浴び、2失点。さらに中堅への犠飛を許してしまい、この回一挙に3点を奪われてしまった。
 何とか追いつきたい関学は9回裏に代打攻勢をしかける。しかし、それも実らず試合終了。3打数3安打と気を吐いた浜田翔吾(社4)や、2盗塁を決めた荻野貴司(法4)(荻野は関西学生リーグ1季個人最多盗塁記録に王手をかけている)など個人の活躍はあったが、得点できないという苦いゲームとなった。
試合後のコメント
清水監督「今回も守りのミスから失点してしまった。前半のチャンスで1点でも取っていたら変わっていたかもしれない。チャンスで打てる練習をしていきたい。次の同大戦では、気迫に負けないように頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です