【軟式野球部】 春季リーグ戦優勝!!

 4月25日、西京極野球場に於いて、関西六大学準硬式野球春季リーグ第5節第1戦・対関大戦が行われた。関学はエース柳原直之(経4)の好投もあり3-1で関大に勝利。見事2年連続の春季リーグ戦優勝を決めた。後日、ホームページにて優勝特集公開予定!乞うご期待!
 
 関学 000 110 100 =3
 関大 000 010 000 =1
 (関学) 柳原-正井   (二)早崎(7オ)
 今日の第1試合で勝ち点4差の2位同大が敗れたため、その時点で関学の優勝が決定。(※1勝すると勝ち点2が入る。残り1試合で勝ち点で並ぶことが不可能になったため)しかし、次につなげるためにも勝って優勝に花を添えたい。その関学の先発はエース・柳原直之(経4)。今リーグ戦はここまであまり調子が上がらなかったが、今日は彼本来のピッチングを展開。ノビのあるストレートを低めに集め、関大打線を打ち取っていく。そんな柳原の好投がチームに流れを呼び込み、4回に5番畠嶋浩平(商3)がセンターへ犠牲フライを放ち1点を先制。5回、7回にも小刻みに得点を重ね徐々に関大を突き放していく。打線の援護に守られた柳原は、中盤以降も安定感ある投球を披露する。エラー絡みで1点は失ったものの、7回には三者連続三振を奪うなど、関大打線を寄せ付けない。そして迎えた9回、簡単に2アウトを取り、最後のバッターも2ストライクと追い込んだ柳原。決め球に選んだのは、やはりストレートだった。外角いっぱいの球で見事空振り三振。自責点0の完投勝利で、エースとしての役割をしっかり果た
した。
 ほぼ独走といってもいいほどの展開で、春季リーグ戦を制した関学。しかし、浮かれてはいられない。次は、全日出場をかけた大事な関西選手権が待っている。昨年はここで敗れて全日出場を逃してしまった。明日のリーグ最終戦をきっちり勝利し、いい形で次の戦いに臨めるか。彼らの戦いはまだまだ続く。
試合後のコメント
主将・福本大輔(経4)「今日は柳原が気合の入ったピッチングをしてくれたし、打線もチャンスで確実の得点できたのでよかった。今日で優勝は決まったが、これで満足せずに次の関西選手権に向けて、また1からスタートします!」
エース・柳原直之(経4)「調子を崩してたんで、最後にいい結果を出せてよかった。低めにいいボールがいってたのが抑えられた要因だと思う。昨年は関西選手権で負けているので、今年は絶対優勝して全日出場を決めたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です