【硬式野球部】 京大に2連勝!!

 4月19日、関西学生野球六大学春季リーグ戦対京大2回戦が行われた(於:西京極球場)。関学は投手3人の継投で京大打線を1安打に抑え、8対0で勝利。春季リーグ戦1つ目の勝ち点を挙げた。
京大 000 000 000 =0  H1 E3
関学 510 002 00× =8  H10 E0
京大:天満、山下、水木-吉村、森(勇)
関学:宮西、道下、宮崎(啓)-久恵
 関学は1回裏、先頭打者・宮崎翔(社3)が左翼線二塁打で出塁。その後、一死満塁から江崎亮(文3)の左翼線適時二塁打で2点を先制。この回、相手の失策もからみ、一挙5得点を挙げ、試合を優位に進める。続く2回にも荻野貴司(法4)の中前適時打で1点を追加し、6-0に。一方、先発の宮西尚生(商4)は6回を1安打に抑え、得点圏にランナーを許さない。
 6回裏にも関学は、浜田翔吾(社4)が二死から内野安打で出塁すると、相手の失策でさらに1点を追加。この時、一塁に出た荻野が2つの盗塁で一気に三塁へ。そして門田隆志(法4)が内野適時打を放ち、8点差とした。
 7回からは、道下静麿(社4)、宮崎啓佑(社2)が継投。両者とも、全て三者凡退に抑える好ピッチングを見せる。結果、関学は8-0で勝利した。
試合後のコメント
清水監督「この試合は元々継投でいこうと考えていたんですが、5回まで宮西がノーヒットに抑えていたので、一本打たれた所で(六回表)交代させることにしました。他にも良いピッチャーがいるのでねえ。(機動力を活かしている点に関しては)常にしかけていかないと、と思っています」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です