【軟式野球部】 コールド勝ちで、優勝に王手!

 4月18日、豊中ローズ球場に於いて、関西六大学準硬式野球春季リーグ第4節第2戦・対神大戦が行われた。関学は、畠嶋浩平(商3)の満塁ホームランなどで11点を奪い7回コールド勝ち。春季リーグ優勝に王手をかけた。
 
 神大 000 000 1 =1
 関学 010 028 × =11 (7回コールド)
 (関学) 原田-正井  (二)福本(5ウ)、井上(6ウ) (本)畠嶋(6ウ)
 昨日、神大相手にコールド勝ちを収め勢いに乗る関学。今日の先発マウンドには原田崇(商4)が上がる。原田は初回からノビのある直球を武器に、神大打線を寄せつけない。打線も、2回に6番井上誠(商4)がスクイズを決め1点を先制すると、5回にも3番福本大輔(経4)のタイムリー2ベースで2点を追加し、完全に試合の主導権を握る。そして迎えた6回、先頭井上の2ベースを足がかりに、タイムリーや押し出しで3点を奪い、なおも満塁の場面で打席には5番畠嶋が向かう。「ここまで3打席ふがいない結果だったので、何とかしたかった」。真ん中高めの直球を振りぬくと、打球は弾丸ライナーでレフトスタンドへ。今リーグチーム第1号となるホームランが満塁弾となり、さらに4点を追加。一気に試合を決めた。
 こうなると、注目は6回まで神大をノーヒットに抑えている原田のピッチング。大記録を狙って7回のマウンドに上がった原田。しかし、先頭打者にライトへのヒットを浴びノーヒットノーランはならず。マウンド上で悔しそうな表情を見せた。その後、味方エラーもあり1点を失ったが、7回を2安打自責点0に抑え
完投勝利。チームの勝利に大きく貢献した。
 今節を2連勝した事により、最終節の関大戦で1勝すれば2年連続の春季リーグ優勝が決まる。リーグを1位で通過し、関西選手権にはげみをつけられるか。残り2試合、選手たちの戦いに注目だ。
試合後のコメント
主将・福本大輔(経4)「序盤から原田が良い投球をしてくれて、リズムよく試合を進められた。打線もみんな振れているので、これからも相手投手対策をしっかりして臨みたい。次節の関大1戦目で優勝を決めるつもりで勝ちにいきます!」
惜しくもノーヒットノーランを逃した原田崇(商4)「(ノーヒットノーランは)かなり意識していました。ストレートの走りもよかったし、丁寧に投げたのがよかったと思います。ここまできたので、次は絶対勝って福本を胴上げしたいです!」
満塁ホームランを放った畠嶋浩平(商3)「今日は長谷川さんの代わりにスタメンに入っていたので、何とか穴を埋めたいと思っていました。チームもいい雰囲気できているので、全日出場のためにも何とか優勝して、福本さんを胴上げします!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です