【硬式野球部】 立命大に敗戦

 4月17日に行われた関西学生野球六大学春季リーグ戦対立命大3回戦(於:南港中央球場)。関学は9回に反撃するも力及ばず、2ー4で敗北を喫した。これで勝ち点の行方は4回戦に持ち込まれることとなった。
関学 000 000 002 =2  H7 E1
立命 000 120 01× =4  H8 E1
関学:宮西、道下、岸-久恵
立命:黒田-乗替
 関学は初回、荻野貴司(法4)が内野安打で出塁。盗塁で二塁に進み、続く久恵将之(商2)、江崎亮(文2)が四球と安打で二死満塁と先制の好機を得るも、得点にはつながらない。
 4回裏、先頭打者に右安打を許すと、犠打と三塁打で先制点を奪われる。そして5回表、関学は宮西尚生(商4)が中前打で出塁し、犠打で一死二塁に。続く、浜田翔吾(社4)、荻野も野選と四球で出塁し、またも満塁のチャンス。しかし、この回も後が続かず、得点を入れることが出来ない。するとその裏、安打と失策で2点を許し、0-3と差を広げられてしまう。さらに8回裏、先頭打者に四球を与えると、盗塁とゴロで一死三塁となり、犠飛で1点を追加される。なんとか追いつきたい関学は9回表、代打・原聡志(文2)が四球で出塁。続く門田隆志(法4)の右越2塁打で無死二、三塁とすると原の代走・寺尾佑介(法3)が宮崎翔(社3)の左犠飛で生還。ようやく1点を返す。さらに相手の失策で1点を追加し、2点差に詰め寄るも後続が断たれ、敗北を喫した。
 これで対戦成績は1勝1敗1分けとなり、この試合の4回戦は4月26日に行われることとなった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です