【硬式野球部】 リーグ初戦勝利!!

 4月14日に行われた関西学生野球6大学春季リーグ第2節1日目対立命大戦(於・南港中央球場)。エース宮西が力投を見せ、関学は4-3でリーグ初戦を白星で飾った。
関学 020 000 002 =4 H9
立命 000 000 003 =3 H6 E1
関学 宮西―久恵
立命 黒田、大橋、中田、田中(宏)―乗替
 リーグ初戦、先制点を奪ったのは関学だった。2回表、4番・久恵将之(商2)が左前打で出塁すると、江崎亮(文2)が右前打でつなぐ。江崎の好走塁もあり、無死二、三塁に。続く有木孝広(商2)が打ったゴロを二塁手が本塁へ送球。しかし、相手捕手のエラーによって久恵が生還し、1点を先制した。さらに、主将・河野公輔(商4)が右翼への犠飛を放ち、この回2点を奪う。投げては、エース・宮西尚生(商4)が気合も十分に好投を続けた。8回までわずか2安打に抑え、三者凡退は5回。7、8回には6者連続三振を見せるなど、9回14奪三振で試合を盛り立てた。
 2-0で迎えた9回表。追加点の欲しい関学は、打順よく1番・宮崎翔(社3)からの攻撃となった。宮崎が右翼線への二塁打で出塁すると、荻野貴司(法4)が中前適時打を放ち、1点を追加する。続く久恵の打席。荻野は1球目に二盗し、3球目で三盗、4球目に相手投手の暴投により本塁を踏み、4点差とした。
 勝利が目の前に見え始めた、その裏。一死二、三塁から内野安打で1点を奪われる。さらに連打を浴び、2失点の後も一死満塁のピンチ。そこで中堅への犠飛を許してしまい、ついに1点差となった。なおも二死二、三塁のピンチで、ボールが3球先行。しかし、宮西は2球連続でストライクを投げ込む。そして最後は宮西渾身の一球を相手が空振りし、関学の勝利が決定した。
試合後のコメント
清水監督「宮西には全幅の信頼を寄せ、1試合を任せている。荻野の守備も良かった。明日もあるので、今日のことは反省します」
宮西「調子は良かった。スライダーがきれていた。9回はバテたけど、最後は気合で。リーグ1戦目に試合は何が起こるかわからないことがわかって良かった。今日の1勝はチームにとってもかなり大きい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です