【軟式野球部】 立命大に競り勝つ!

 4月11日、豊中ローズ球場に於いて、関西六大学準硬式野球春季リーグ第3節第2戦・対立命大戦が行われた。関学は先制を許すも、打線が繋がり中盤に逆転に成功。3-2で立命大を下し首位を守った。
 関学 001 200 000 3
 立命 100 000 001 2
 (学) 原田、吉川-斎本   (二)中邑(4オ)
 昨日、リーグ戦初黒星を喫した関学。優勝するためにも、連敗は何としても避けたいところだ。その関学の先発は原田崇(商4)。前回の登板では好投を見せており、今日も期待がかかる。立ち上がりを抑えて、波に乗っていきたい原田だったが、初回に2本のヒットを浴び早々に1点を失ってしまう。しかし、打線が原田を援護する。3回、ヒットで出塁した工藤佑介(社4)を2塁において、1番久保田将(経3)がセンター前へタイムリーを放ちすかさず同点に追いつく。続く4回にも4番中邑大地(商4)の2ベースヒットを足がかりに、犠飛やタイムリーなので2点を追加。逆に試合の主導権を握った。先発原田は、ほぼ毎回走者を出す苦しい投球だったが、追加点を許さず7回を1失点。後をうけた吉川孝介(社3)も9回にエラー絡みで1点を失ったものの立命大の反撃をしっかりと断ち切り、ゲームセット。1敗を守り首位をキープした。
試合後のコメント
主将・福本大輔(経4)「初回に先制されたが、落ち着いて攻めれば逆転できると思っていた。勝ちはしたが、重要な場面でのミスが多かったので、次節までに修正したい。(残り4試合、神大、関大と上位陣との戦いが続くが)自分達の野球しっかりをやれば勝てると思う。気持ちを一つにしてプレーしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です