【軟式野球部】 立命大に惜敗

 4月10日、豊中ローズ球場に於いて、関西六大学準硬式野球春季リーグ第3節第1戦・対立命大戦が行われた。関学は2回に守備の乱れから失点し、0‐1で敗北。今リーグ戦初黒星を喫した。
立命 010 000 000 1
関学 000 000 000 0
 (学) 柳原-正井   (二)早崎(5ウ)
 開幕から4連勝を飾り、好調の関学。しかし、今日からの相手は昨秋のプレーオフ決勝で敗れた立命大。リーグ戦制覇へ向けて最初の山場を迎えた。
 先発マウンドには柳原直之(経4)が上がる。前回の登板では本来の投球が出来なかった彼だが、今日は初回を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。しかし続く2回、先頭打者にヒットで出塁を許すと、送りバントや味方エラーなどで1死1、3塁のピンチを迎えてしまう。この場面で、立命大はスクイズを敢行。サード福本大輔(経4)が猛然とダッシュし、この打球を処理するが、ホームへの返球が走者に当たる不運もあり、立命大が1点を先制した。反撃に転じたい関学だったが、ほぼ毎回走者を出すものの立命大・奥田の前に決定打が出ず、どうしても1点が取れない。結局最後まで得点を奪うことは出来ず、0-1で敗北。大事な立命大との初戦を落としてしまった。
試合後のコメント
主将・福本大輔(経4)「自分たちの盛り返す力が足りなかった。ランナー2、3塁で1本が出なかったのは気持ちの弱さがあったからだと思う。気持ちを切り替えて、明日は必ず勝ちます!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です