【軟式野球部】 劇的!逆転勝ちで開幕3連勝!

 4月4日、西京極野球場に於いて、関西六大学準硬式野球春季リーグ第2節第1戦・対同大戦が行われた。関学は初回に4点を先制される苦しい展開となったが、打線が粘りを見せ6-5で逆転勝利。開幕3連勝で単独首位に立った。
 関学 001 110 102 6  
 同大 400 000 010 5
 
 (学) 柳原-正井   (二)久保田(4オ)、長谷川(9オ)  (三)井上(5オ)
 
 関学の先発は柳原直之(経4)。初回、先頭打者を簡単に打ち取った柳原だったが続く打者に出塁を許すと、そこからタイムリーヒットや味方のエラーなどで4点を失ってしまう。初回から4点のビハインドを背負ってしまった関学だったが、2回以降は柳原が調子を取り戻し、同志社打線を抑え込んでいく。すると流れは徐々に関学へ。3回から5回にかけて毎回得点を奪い点差を1点に縮める。そして7回、ランナーを3塁に置いて、今リーグ初スタメンとなった5番長谷川渓史(商4)が見事にスクイズを決め、ついに同点に追いついた。このまま一気に試合をひっくり返したい関学。だが8回裏、ここまで粘りの投球を続けてきた柳原がタイムリー2ベースを打たれ、逆に大きな1点を奪われてしまう。
 
 このまま負けるわけにはいかない―。逆転を誓った選手たち。最終回の攻撃は1番久保田将(経3)から始まる。この試合ここまで2安打の彼はこの打席でも右前にヒットを放ち、この試合3安打。1番打者としての役割をきっちり果たし、逆転への足がかりを作った。その後、ヒットや盗塁などで1死2,3塁とし、絶好のチャンスを迎える。この場面で、打席には先ほどスクイズを決めた長谷川。「何も考えずに、とにかく来た球を打ち返そうと思った」という彼。2-2からの5球目を左前にはじき返し2者が生還。6-5と逆転に成功した。その裏の守りも柳原が無失点に抑えゲームセット。持ち味である粘り強さを見せ、同大との第1ラウンドを勝利。チーム一丸となってもぎ取ったこの勝利は、今後チームがさらに勢いづく1勝となったに違いない。
試合後のコメント
主将・福本大輔(経4)「先に4点を奪われたが、1点ずつ返していくことを心がけました。あきらめずに戦えたのが良かったと思います。明日負けてしまうと、今日勝った意味がなくなってしまうので、明日も絶対に勝ちます!」
今日3安打3打点の大活躍・長谷川渓史(商4)「最終回は、久保田、福本が出塁してくれたので何とか還そうと思った。無心で打ちました」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です