【軟式野球部】 開幕白星発進!

 3月29日、西京極野球場に於いて、関西六大学準硬式野球春季リーグ第1節第1戦・対阪大戦が行われた。関学はチャンスを確実にものにし、3‐1で阪大に勝利。開幕戦を白星で飾った。
 全日へとつながる大事な戦いがついに幕を開けた。関学は初回、1番久保田将(経3)の内野安打を足がかりに、4番中邑大地(商4)のスクイズで幸先よく1点を先制する。初回から理想的な形で得点を奪い、このまま試合を優位に展開するかと思われた。しかし続く2回、先発した柳原直之(経4)がタイムリーを浴び、同点に追いつかれてしまう。早く突き放したい関学だったが、3回から5回までわずか1安打に抑え込まれ無得点。いやなムードが漂い始める。そんな状況の中迎えた6回、2アウトをとられた後、3番福本大輔(経4)がセンターへヒットを放ち出塁。さらに盗塁を決め2塁へ進塁する。必ずものにしたいこの場面で、4番中邑がレフト前へ見事にタイムリーを放ち、貴重な追加点をたたき出す。その後、7回にも柳原がスクイズを決め3点目を奪った。勝ち越した後は、柳原が苦しみながらも阪大打線を抑え1失点完投。決して完勝とは言えない内容ではあったが、開幕戦を白星で飾り、順調なスタートを切った。
試合後のコメント
主将・福本大輔(経4)「初戦を勝利できて、とりあえずほっとしました。初戦のプレッシャーは強かったが、チャンスで1本出たことが大きかったです。冬の間にやってきた練習の成果が徐々に出てきてると思います。これからも、一戦必勝のスタイルで、1秒1秒全力でプレーできるように頑張っていきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です