【馬術部】 新厩舎・馬場お披露目

 1月27日第3フィールドにて新厩舎・馬場完成式が行われた。関学関係者や馬術部OBがこの式典に参加。部員も演技として障害馬術、馬場馬術、カドリールの3種目を披露した。そして新馬場のお披露目の後は場所を変え関学会館へ。懇親会が行われ、部員を含め一同は和気あいあいと楽しんだ。
 新馬場第一代目の主将・松尾(経3)は「馬の管理がしやすくなった」と感想を述べる。また新馬場では2月の慶大戦に加え、5月の総合関関戦など多数催される予定。間近に迫った慶大戦はチームにとって初の学生試合だけに「勝ちにいく」と気合を見せている。新しくなったホームグラウンドとともに関学馬術部の新たな歴史がこれから刻まれていく。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です