【アメリカンフットボール部】 リーグ戦、関大に圧勝!

 10月30日に行われた関西学生アメリカンフットボール春季リーグ第5戦(於・長居球技場)。関学は関大に28-0で勝利した。
 リーグも後半戦に入り、山場ともいえる関大、京大、立命大の3連戦の初戦。
 開始直後から、RB・三浦智久(商4)、QB・出原章洋(商4)が立て続けにTDを決め、波に乗る。DF陣も安定した守備により、関大のエースRB・中西庸輔を封じ、前半を28-0で折り返す。後半もDF陣は関大の攻めをことごとく封じたが、OF陣は大事な場面でのミスを連発し、無得点に終わった。結果としては28-0に終わったが、課題の残る試合であった。試合後、QB出原は「今日はフィールドポジションがよかっただけ。オフェンスの精度をもっとあげなければならない」と語った。この後、京大、立命大と強豪が続く。しかし、4年生を中心に、ファイターズにぬかりはない。必ずや甲子園ボウル出場を果たしてくれるはずだ。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です