【アイスホッケー部】 秋季リーグ、大府大に圧勝!

 10月30日、浪速スポーツセンターに於いて行われた関西学生リーグ第6戦。関学は大府大に17-0で圧勝した。
 試合は終始関学ペースで展開する。開始1分に主将・安岡亮一(商4)が先制点を挙げると、チームは勢いにのり怒涛のゴールラッシュを見せる。このピリオドで7点を獲得。
 続く第2、第3ピリオドも関学は次々とゴールを決め、結果17-0と大勝。守ってはDF陣が相手に付け入る隙を与えず、目標の完封勝利も達成した。試合についてFW・新留洋祐(社3)は「各セットしっかり仕事ができていて、関学の良い面を全て出すことができたので大量得点につながったと思う。そして完封できたことが何よりもよかった」と語る。
 次節はリーグ最終戦となる龍大戦。「龍大は各個人の能力が高く気をぬけない相手で、絶対落とせない試合。そして4年生にとっては最後のリーグ戦の試合になるので、1~3年生が4年生のためにもいつも以上に勝ちにこだわる試合をして、笑顔でリーグ戦を終えたいと思う」と、意気込みを語る新留。チーム一丸となり、最終戦で有終の美を飾って欲しい。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です