【硬式野球部】 秋季リーグ、京大に勝ち点挙げる!

 10月25日、西京極球場で行われた関西学生野球秋季リーグ第8節対京大2回戦。関学は9-0で勝利し、勝ち点を挙げた。
 一回裏一死三塁、関学は黒川栄次(文3)がレフト線への二塁打を放ち、先制点を決める。その後、三回裏にも清水誉(商3)の中前適時打で1点を追加。六回裏にも、二死二、三塁から代打・松野悠大(経3)の左前適時打で2点を加える。七回裏、先頭の渡邉祥一朗(商4)が左前安打で出塁。続く黒川も内野安打を放つ。一死後、清水、浜田翔吾(社2)、途中出場の蛸川哲也(法4)の連続長短打で一挙に4点を入れ、試合の絶対権を握る。そして八回にも近藤輝幸(法4)の中前適時打でさらに1点を追加。守っては岸敬祐(商1)、道下静磨(社2)、金子宏(社4)、加藤学(商4)の4投手が見事完封リレーで飾った。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です