【陸上ホッケー部】 秋季リーグ、甲南大に引き分ける

 10月23日に行われた2部秋季リーグ戦、第4節(於:舞洲陸上ホッケー場)。関学は甲南大に2-2で引き分け、対戦成績を1勝2敗2分けとした。
 試合は序盤甲南大ペース。しかし岡野圭佑(法3)の好セーブと相手のミスにも助けられ、0-0で前半を終えた。
 後半に入るとリズムができてきた関学は18分、ペナルティエリア前のフリーヒットから河田雅彦(経4)が押し込み先制。しかしその1分後、甲南大に同じ形で失点を許してしまう。この傾きかけた流れを戻したのは東洋行(商3)。25分、ペナルティコーナーから豪快なシュートを決め、勝ち越しに成功した。その後は一進一退の攻防が続いたが、残り2分、自陣ゴール前でこぼれたボールを相手FWに流し込まれ、まさかの同点。この遅すぎる失点で勝利を逃す結果となってしまった。
 残るはあと神大との1試合。昇格圏内からは外れてしまったが、4年生の集大成を勝利で飾りたいところだ。
試合後のコメント
宮林監督:「第3節の摂南大戦で負傷したFB・村田賢俊(商3)の代わりにFW・川合潤(社4)がFBに入り、立ち上がりに苦労したが、先手先手で攻めることができたので内容は悪くなかった。最後の失点は集中力のなさからか。優勝も最下位の可能性もないので明日は消化試合になるが、勝って3位以上を目指したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です