【サッカー部】 リーグ・立命大戦、得点とれず敗れる

 10月23日、明石公園陸上競技場にて関西学生リーグ第6節・立命大戦が行われた。結果は0-1で、関学にとっては今季2度目の黒星となった。
 前半、関学は積極的に相手ゴールを狙い、何度も得点のチャンスに見舞われる。両者無得点で折り返し、迎えた後半20分、立命大・西野のゴール前からのシュートをGK原田和明(商1)が正面から受けるも取りこぼし、ボールはゴールネットへ。その後関学は巻き返しを図るも、立命大の1得点が決勝点となり、試合は終了した。関西インカレ出場の切符も、残る3試合の勝敗に委ねられる結果となった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です