【陸上競技部】 学年別大会で優勝ラッシュ!

 10月18日~21日の4日間にわたって行われている関西学生陸上競技学年別選手権大会(於:長居第二陸上競技場)。大会1日目の男子3・4年三段跳は、後藤厚人(社4)が最終試技で15m41を跳んで逆転優勝を果たし、男子1年三段跳でも細川謙太(商1)が14m35で3位に入賞した。
 大会2日目においては、男子3・4年100mで前主将の辻田尚宏(商4)が、男子2年400mでは越智啓介(法2)が、また男子2年110m障害では藤井啓介(社2)がそれぞれ優勝。そして2日間に及ぶ男子共通十種競技でも、田中貞実(文3)が6674点を叩き出し見事1位に輝いた。1年生も大いに活躍を見せ、男子1年400mは2位に山口恭平(社1)、3位に松井隆朗(経1)が揃って入賞。男子1年110m障害では藤田俊輔(総1)が準優勝を飾った。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です