【硬式野球部】 秋季リーグ、近大に敗れ優勝逃す

 10月20日、南港中央球場に於いて行われた関西学生六大学秋季リーグ第7節、対近大2回戦。関学は3-12で敗れ、勝ち点を逃した。
 初回、関学は先制点を許す。続く二回にも2死二、三塁から大久保(近大)の左中間適時二塁打で2点を加えられる。三回から先発の岸敬祐(商1)に代わり、加藤学(商4)が登板。だが、北野(近大)の中前適時打でさらに1点を追加される。四回表、関学は近藤輝幸(法4)、黒川栄次(文3)が連打で出塁し、清水誉(商3)の二ゴロの間にようやく1点を返す。しかしその裏、倉重(近大)の左越えソロ本塁打を浴び、1-5に。五回表、代打の冨山佑希(法3)からの3連打で満塁とし、千蔵翔太郎(商3)の左犠飛で1点を追加する。その裏、ピッチャーは金子宏(社4)に交代するも、さらに2点を加点。その後、六回裏1死満塁で池田弘(商3)にマウンドを譲る。しかし、押出四球と中犠飛で2点を奪われる。七回裏から登板した坂戸圭介(社1)も近大打線に捕まり3点を失って得点は2-12に。八回表2死一塁から清水の右翼線三塁打で1点を返すが、反撃もそこまでとなった。
 これにより、近大が今リーグでの優勝決めた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です