【硬式野球部】 リーグ優勝をかけた第7節、初戦をおとす

 10月19日、南港中央球場に於いて行われた関西学生六大学秋季リーグ第7節、対近大1回戦。関学は、0-3と初戦をおとした。
 先発は近大・大隣、関学・宮西尚生(商2)。関学は初回に、2点を先制される。その後、両校共に点は入らず、試合は終盤に。迎えた九回表、八回からマウンドにたった加藤学(商4)が1点を失い、さらに点差を広げられる。その裏、関学は走者を出すも後続が断たれ、試合終了。関学は、好機をものにすることが出来なかった。
試合後のコメント
坂田監督:「今日は完敗です。みんな固かった。1年間やってきたことを無にはしたくない。明日は夏から秋にかけて変わったところを見せたい。監督としても楽しみな試合です」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です