【弓道部男子】 リーグ戦、5位に終える

 10月16日、近畿大学弓道場に於いて行われた関西学生男子1部リーグ、最終戦。関学は近大と対戦し、112-129で敗れた。
 勝てば4位か5位の順位決定戦、負ければ1部と2部の入替戦。負けられない状況下で接戦が続く中、安定した近大を前に力及ばず、差は徐々に開く結果に。また、近大のリーグ優勝を見届ける形となった。
 しかし、この敗北にも収穫があった。最後まで諦めないということ。そして20射中18中の梶川真広(商2)など、これからの選手の台頭である。11月6日に行われる入替戦には、主将の田中悠(社4)も「普段の力を出して集大成を見せたい」と気合十分。関学が誇る美しい射形を見せつけ、1部の舞台に立ち続ける。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です