【バスケットボール部男子】 天理大にまたも逆転負け

 10月15日になみはやドームに於いて行われた関西学生バスケットボールリーグ第15戦。関学は天理大と対戦し、63―66で敗れた。
 第1Qはインサイドから続々と加点する天理大に対し、関学も中と外からシュートを決めていく。第2Q、#15・楠幸司(社3)がこのQだけで6得点2スティールの大活躍を見せ、チームにいい流れをもたらす。勢いにのる関学は速攻を繰り返し、32―31で前半を終えた。
 第3Q、やや運動量が落ちた関学はリズムを崩し天理大にリードを許す。第4Q、残り8分に#4・平野宏和(商4)、#15・楠らが続けて負傷するアクシデントに見舞われ、窮地に追い込まれた関学。このピンチで逆にチームはひとつになり、天理大を追い上げる。残り1分15秒、#9・鈴木唯記(経4)のシュートで逆転するも、その後ファウルなどで再び逆転を許し、最終的に3点差で敗れる結果となった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です