【軟式野球部】 秋季リーグ、優勝に一歩およばず

 10月12日に豊中ローズに於いて行われた関西六大学準硬式野球秋季リーグ第5節。関学は関大に1-4で敗れ、リーグ優勝を逃した。
 これまでの関学の通算成績は7勝1敗。対して関大は全勝。関学がリーグ優勝するためには第5節の関大との2連戦で連勝しなければならない。両校優勝に向け気合が入る中、関学先攻で試合が開始された。
 試合が動いたのは2回表。6番・加藤聖司郎が力一杯振り抜いた打球はレフト頭上を超え、フェンス直撃。加藤が三塁へ向かうと慌てたレフトが三塁へ悪送球。その間に加藤はホームへ生還し、関学が貴重な先制点を奪った。しかし、関学の勢いはここまで。その後きっちり抑えられると、4回裏に関大の猛攻を受け失点。あっさり同点に追いつかれてしまう。その後も要所で関大に追加点を許し、試合はそのまま関大のペースに。なんとか逆転の機を狙うがチャンスをうまくいかせず、1-4でゲームセット。関学は1試合を残し、秋季リーグ優勝を逃した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です