【陸上ホッケー部】 秋季リーグ初戦、関大に3-1で勝利

 10月10日に舞洲ホッケー場に於いて行われた関西学生ホッケー秋季リーグ第1戦。関学は3-1で関大を下した。
 関学は関関戦で敗北しているだけに、なんとしても勝利をおさめ関関戦の雪辱を晴らしたい今試合。まず前半17分、先にゴールラインをわったのは関学であった。主将・川合潤(社4)がドリブルで相手側のディフェンスを翻弄。そしてエース・東洋行(商3)がきっちりとシュート決め先取点を奪った。関大も負けじとPC(ペナルティーコーナー)で同点になるも、東がPCで再び勝ち越しのシュート。チーム一丸となってさらに攻め立てる。そしてついに後半27分、東が相手のファールで得たPS(ペナルティストローク)からエースらしい華麗なショートで追加点をあげ、3-1で初戦を白星で飾った。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です