【硬式野球部】 関大に完封勝利!勝ち点上げる

 10月2日に阪神甲子園球場で行われた関西学生六大学秋季リーグ第5節対関大3回戦。関学は先発の宮西尚生(商2)が完封で、5-0で勝利を収めた。
 関学は二回表、坂口正太郎(社4)の右前適時打で1点を先制する。三回にも近藤輝幸(法4)の中前適時打で1点を追加。ここで関大の投手は先発の伊藤維から岩田に交代。さらに関学は四回表1死一、二塁から荻野貴司(法2)の左中間への二塁打で2点を加える。打った荻野は悪送球で三塁へ。続く、黒川栄次(文3)の遊ゴロの間に生還し5-0と関学優位に試合を進める。その後六回から関大はピッチャーに田辺佑を起用。関学は追加点を挙げることは出来なかったが、先発の宮西が関大打線を散発3安打に抑える好投を見せ、見事完封した。(得点圏にランナーを出したのは二回裏の1度だけ)これで関学は今シーズン2つ目の勝ち点をあげ、優勝争いは混沌としてきた。
試合後のコメント
完封勝利を収めた宮西
「1戦目はあらゆる面でプレッシャーを感じ力んでしまった。自分の中ではまだまだだけれど、今日は開き直って投げることが出来た」
先制点を決めた坂口
「チーム全体が先に1点とろうという意識が強かった。(この打席は)変化球を待ち続けた。気持ちで打てたという感じです」
4番の意地をみせた近藤
「関関戦では当たっていなかったから、1球目にストライクが来たら振ろうと思っていた。(春リーグみたいにホームランを狙うのではなく)自分のスイングが出来るのが一番」
適時二塁打を放った荻野
「今日は今までにないくらいの意気込み。緊張はしてなかった。(2、3打席目の安打は)1打席目が三振だったから思い切りいこうと。楽しく試合に臨めた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です