【ラグビー部】 近大に逆転勝利

 10月2日に天理親里競技場に於いて行われた関西大学ラグビーAリーグ戦。関学は近大にロスタイムで逆転し、34-33で見事勝利を収めた。
 前半開始20分、近大に立て続けにトライを許し苦戦する関学。焦りから反則などのミスが目立ち、近大ペースで前半を8-19で折り返す。しかし後半から関学は果敢に攻め、点差を縮めてゆく。そしてロスタイム1分。近大ゴール前中央ラックよりサイドを抜けたLO・鵜川の決定打により、34-33で関学が逆転勝利した。
試合後のコメント
主将・平井「勝利できほっとした。前半を終えた時点で焦りが出始め、チームが守りから攻めの体制へと変わった。抑えていたものを爆発させたような感じだった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です