【硬式野球部】 延長の末、関大に勝利

 9月30日、阪神甲子園球場で行われた関西学生六大学秋季リーグ戦第5節対関大1回戦。関学は延長10回の末、6-5で勝利した。
 先発は関学・宮西尚生(商2)、関大・田辺佑。三回裏、関学は先制点を許すも、四回表、すぐに同点に追いつく。その後、六回表、渡邉祥一朗(商4)の右前適時打で1点を勝ち越す。七回表にも近藤輝幸(法4)の左前適時打でさらに1点を追加。しかし七回裏、走者一掃の三塁打と安打で一挙に4点を失い逆転される。八回表に黒川栄次(文3)、千蔵翔太郎(商3)の連続適時打で2点をとり、試合は振出しに。延長の十回表無死一、二塁、関学は千蔵の左前適時打で勝ち越しに成功する。その裏、ランナーを得点圏に許すも無得点に抑え、白星を挙げた。
 この試合は、両校共に総力をあげての行き詰る熱戦となった。
試合後のコメント
主将・渡邉「(関大は現段階まで1位なので)挑戦者の気持ちで臨みました。今日の試合はほぼ毎回ランナーを許していたので精神的にもしんどい試合でした。明日はどんな形であっても勝って2連勝したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です