【サッカー部】 リーグ戦で大体大下す

 9月24日、関西学生サッカー秋季リーグ第3節(於:鶴見緑地球技場)が行われ、関学は大体大を1-0で下した。
 怪我で戦線離脱していた主将・本井靖浩(商4)が復帰し、チームは序盤から活気づいていた。前半開始直後、本井の左サイドからのクロスを、FW小松塁(商4)が受けてシュート。これは惜しくも外したが、その後何度も決定機が訪れた。関学ペースで試合は展開するも、得点することなく前半を終える。
 両者無得点のまま迎えた後半戦。次第に相手が持ち前の攻撃力で関学ゴールに迫ってくる。危険な場面もあったが、関学DF陣の頑張りにより得点は許さなかった。そして後半40分、ついに均衡は破られる。左サイドでの混戦から、FW金尾和泰のパスを受けたMF亀ヶ淵(商4)が、ドリブルで持ち込みシュート。ボールはゴール右上に突き刺さった。この1点を守りきり、関学は見事勝利を収めた。
本井は「1点しか取れなかったが、逆に1点の重みがある分守備に集中できた。(次節に向け)細かい所をしっかり詰めて、一戦一戦勝っていきたい」と語った。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です