【卓球部男子】 秋リーグ入れ替え戦で見事2部昇格

 9月17日、東大阪アリーナに於いて行われた関西学生卓球秋季リーグ入れ替え戦。関学は先日10日に行われたリーグ戦最終日に3部1位となり、入れ替え戦出場を決めた。今戦では2部最下位の大体大を、0―3と後がないところから4―3まで巻き返し、劇的勝利で見事2部昇格を果たした。
 3回戦まで終え、スコアは0―3。見えかけていた2部昇格に暗雲がかかる。しかし4回戦、この追い詰められた場面で岩崎(法1)が奮闘を見せた。貴重な1勝をもぎ取り、関学に勢いをつける。次の5・6回戦、ともに5セット目まで持ち込むも、着実に点を稼ぎ何とか2勝した。
 そして3―3と並んだラスト7回戦。関学は主将・松田(法4)を起用。彼にとってこれが引退試合であり、部員の応援もより一層熱が入る。勢いの止まらない松田は次々に得点を決め、ストレート勝ち。スコアを4―3にし、見事な逆転勝利を飾った。
試合後のコメント
松田「昇格出来て、とにかくホッとした。こんな逆転勝ちをしたのは4年間で初めて。引退しても、しっかりまとまって、全員で困難を乗り越えていけるチームになってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です