【ラクロス部女子】 リーグ第4戦、白星を挙げる

 9月11日、浜寺公園第1球技広場に於いて行われた関西学生ラクロスリーグ戦。関学は立命大に11-8で勝利を収めた。
 前半開始4分、#15・馬田朋子(経3)が先制点を決める。続く5分後、立命大に得点を許すも、関学はすぐに3得点を追加。その後も見事にパスが回り、#33・岡村朱絵(総2)がシュートを決めるなど、6―2で前半を終える。
 後半戦開始直後、#22・伊藤雪恵(経4)のゴールで更に勢いづく関学。中盤、2度のフリーシュートを#52・吉田恭子(経4)が確実に決め、点差を広げる。しかし、終盤に関学のファールが目立ち、立命大に連続で追加点を与えるも、結果11-8で関学は3つ目の白星を挙げた。
試合後のコメント
主将・安村依子(商4)「下級生中心にシュートが決まって、雰囲気もよかったです。粘れないことや、足が止まっていることなど、課題も見つかりました」
#52・吉田恭子(経4)「ファールからの失点をなくすことが課題です。関西制覇するので応援よろしくお願いします!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です