【硬式野球部】 秋リーグ、黒星スタート

 9月3日、西京極球場で関西学生野球六大学秋季リーグ戦が開幕。関学は立命大と対戦した。先発は関学・岸敬祐(商1)、立命・金刃。関学は初回、近藤輝幸(法4)の左前適時打で先制点をあげる。しかし3回裏、先頭打者に四球を与え3本の長短打で一気に3点を奪われる。ここでピッチャーは交代し、その後3投手が継投するも、4回、8回に追加点を許してしまう。関学も得点圏にランナーを進めるが、チャンスで一本が出ず、結果1-5と初戦を落した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です