【射撃部】 関関戦速報!

 6月18日、関関戦の射撃が関学射撃場で行われた。関学は総合得点1671-1718で、惜しくも敗北を喫した。


 6月18日に行われた関関戦射撃の部(於・新月グラウンド射撃場)。関学からは菅井美貴(文3)、中沢加奈子(商4)、掃部祐樹(文3)の3人が出場した。彼らは、関西屈指の強豪である関大を相手に奮闘。1S(シリーズ)から安定した射を見せ、精一杯の実力を出し切った。中でも掃部は1Sこそ90点と奮わなかったものの、2S、6Sで95点を叩き出し、560点と関学一のスコアをマーク。一方、関大は高得点を次々と挙げ、ハイレベルな射で圧倒的な力を見せ付けた。関学陣はそれぞれに健闘を見せたが力及ばず、総合結果1671点対1718点と敗北を喫し、今年も関大の連勝記録をストップすることはできなかった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です