バスケットボール部男子  難なく2回戦突破

 4月24日に大阪教育大学体育館で行われた第32回関西学生バスケットボール選手権大会。1部の関学は2回戦から出場し、137-32と4部の姫獨大を圧倒した。


 第1Qから関学は攻守ともに冴えわたり35-0と大差をつけ、早くもゲームを決定づけた。第2Qからはベンチメンバーを次々とつぎ込む余裕を見せ、投入された選手も溌剌としたプレーで、さらに勢いをつける。後半に入っても関学は攻撃の手を緩めることなく、最終的には105点ものリードを奪い、危なげなく勝利。最高の形で今シーズンをスタートさせた。
試合後のコメント
主将・平野(商4)「とりあえず1勝です。この試合を通じてチームの勢いを感じます。課題としては今日も見られた集中を欠く時間帯を短くしたい

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です