硬式野球部 勝ち点1を挙げる

 4月4日、春季リーグ対同大戦第3戦が行われた(於・西京極球場)。打線好調の関学は初回から3点を奪い、追い上げる同大を突き放して7-4で勝利。これで関学は対戦成績を2勝1敗とし、勝ち点1を挙げた。低迷が続いていた関学にとってはリーグ戦好調の滑り出しとなった。
 先発は初戦と同じく関学・加藤学(商4)、同大・田林。
 一回裏、関学は坂口正太郎(社4)が死球で出塁し、清水誉(商3)の左前二塁打と相手の失策により先制点をあげる。さらに、荻野貴司(法2)の左越適時三塁打により2点を追加。好調に滑り出す。
 4-0で迎えた六回表。一死満塁から同大・尾上の左前適時打で2点を返される。ここで投手は金子宏(社4)に交代。同点に追いつかれるも、その裏関学は二死二塁から4番清水が中前適時安打を放つ。中堅手が後逸し、打者清水も生還。一気に3点を追加した。
 その後八回からは宮西尚生(商2)が登板し、前日の完封に引き続き素晴らしい投球をみせる。これで関学は2勝1敗で、同大相手に見事勝ち点1をあげた。
 試合後、宮西は「無失点におさえられたことで自信になった」と、また主将・渡邊祥一朗(商4)は「今日の勝ち点は冬場の筋トレや走り込みの成果だと思う。本当に嬉しい。ただ、細かいミスもあったのでこれを反省材料として、勝利を今後につなげていきたい」と語った。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です