硬式野球部 春季リーグ開幕戦・白星飾れず

 4月2日、西京極球場で春季リーグが開幕した。関学は同大と対戦。九安打を放つもチャンスに一本が出ず、七回表には二死二塁から七連打で8点を奪われる。結果、2-11で初戦を逃した。
 同大は一回表、先頭打者・阪田が中前打で出塁し、安井の左中間適時二塁打で2点を先制。関学も三回裏に内野安打で出塁した黒川栄次(文3)が盗塁を決め、千蔵翔太郎(商3)の右前適時打で1点を返す。しかし、四回表に1点を失い、さらに七回表にも二死二塁から7長短打で8点を奪われ苦戦を強いられる。関学も幾度となくチャンスをつかむが、なかなか得点にはつながらない。九回裏、近藤輝幸(法4)が左越ソロ本塁打を放つも、点差を埋めることは出来なかった。
 9安打を放った関学であったが、結果2-11で初戦を白星で飾れなかった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です